宅配食を実際に利用して分かったメリットとデメリット

目次

宅配食を実際に利用してみた

初めての宅配食サービスは「NOSH(ナッシュ)」を利用してみたよ!

りょうちん

宅配食デビューです!

「NOSH(ナッシュ)」を利用した理由

初めに「NOSH(ナッシュ)」を選んだ理由は、

健康…に良さそう
調理が簡単…そう
食べたらそのまま捨て…れる

あくまでイメージですがこんな感じ^^

ヘルシー(低糖質・低塩分)な食事をご自宅にお届けする」というキャッチフレーズも中年に差し掛かる自分にはドンピシャかなと(笑)

今回は宅配食としてのメリットとデメリットを解説します^^

宅配食のメリット

まず、宅配食を利用するメリットについて

料理をしなくて良い
献立を考えなくていい
栄養面も気にしない
後片付けが楽
時短になる

料理をしなくて良い

当たり前だけど、料理は完成した状態で届く。

りょうちん

あとはレンチンするだけ!

ものの5分も掛からず美味しくて温かい食事を楽しめるわけ^^

献立を考えなくていい

「今日は何が食べたい?」

世の男性を恐怖に陥れるセリフNO.1じゃない??

このセリフを聞く回数が減るだけでも、全国のパパは利用する価値がある(笑)

りょうちん

夫婦ケンカも減るでしょう!

栄養面も気にしない

宅配食サービスは栄養面にこだわっているところが多い。

栄養バランスが崩れる心配がないため、

「野菜とタンパク質と○○と…」

色々考える必要がないのは嬉しいね^^

後片付けが楽

完成した料理が保存袋や専用容器に入って届く。

あとはチンして袋を開けて皿に移すだけ。

包丁やまな板、調理器具を使用する回数が減り洗い物も少なくて一石二鳥^^

宅配食のデメリット

続いて、デメリットの紹介。

お金が掛かる
冷凍するスペースがいる
メニューに飽きる
宅配便の受取が面倒

お金が掛かる

1食あたり約400~600円が相場。

確かに手作りですませば、半値くらいで済むことが多いかな。

それでも、材料から作る場合、

・残した廃棄
・古くなって捨てる などなど

りょうちん

ロスを考えればコスパとしては悪くない!

冷凍するスペースがいる

宅配食は基本的に冷凍品。

1食分だけならともかく、複数日にち分が一度に届く!

つまり保管スペースの確保が必須!

りょうちん

利用する前に冷凍庫を少し空けておこう!!

メニューに飽きる

メニュー数は想像以上に多い印象(だいたい全部で50~70種類)

それでも1ヶ月もすればだいたい全メニュー制覇に!!(^^;)

嫌いな食べ物や苦手なものを避けると選べる種類はもっと少ない。

宅配便の受取が面倒

基本的に冷凍食品のため、置き配が難しいのが難点。

りょうちん

特に夏場はダメ絶対!

時間がなくて宅配食を利用したのに、受け取りに時間が掛かる心配が。

宅配食が向いてる人

宅配食のメリットとデメリットをふまえまとめます。

向いてる人はこんな感じの人!

料理が苦手
少しでも手間を省きたい
栄養バランスに気を付けたい

料理が苦手

料理が苦手な人には向ています。

苦手な人って作るのも苦手だし、材料を買うのも苦手な印象。

せっかく購入した食品も賞味期限が過ぎたりして、ロスが増えてる場合がよくあります。

 少しでも手間を省きたい

「めんどくさい」が口癖なら利用に迷うな!

栄養バランスに気を付けたい

1人暮らしの方だけじゃなく、今ではどんな人にも気を付けてほしい!

栄養バランス、マジあなどるな!

まとめ:宅配食は多くの人に向く

・1人暮らし
・ワーママ
・ご年配

よくおすすめな人として紹介されてるけど、実際は多くの人に向く

例え、専業主婦だったとしても、ほら、たまには楽したいじゃん?

料理が趣味でも、ちょっと手を抜きたい日もあるやん?

りょうちん

たかが1食、されど1食です。

献立を考える時間や労力もなくせます。

気になる方は一度お試しを!

食事にはなるので大きな失敗にはなりませんよー!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次